すずむらのメモ帳

アニメ・漫画の感想を書く日記です。

女体化した僕を騎士様達がねらってます #10

 

 ヴィゼル館長、めちゃくちゃ頭が良くて優秀らしいけどちょいちょいキモいこと言ってくるのキモいな。「そんなに見つめられると穴が空きそうだよ。ふたりきりの時なら歓迎だけどね」が一番やばかったな。ヴィゼル館長に国際大学へ連れていってもらってた。

 アルトはロシーヌ地方という寒い地域出身らしい。寒い地域だから過去に飢饉があって、その飢饉を救ったのがヴィゼル館長の研究によるものらしくてアルトが感謝してた。アルトは元々農家だったそうで、国際大学の学生さんといろいろ農家での実体験を話して盛り上がってた。そのあとお目当てのカカオを見るために温室に行ったんだけど、ショコラ作る工程ダルいな…ってなって、それなら売ってますよってなってた。次の話でその辺やるっぽいけど今回は一切全く性行為無かったな。

 ショコラ作るの事態はそんな手間ではない(手間だけど)と思うけど、「呪い」の部分が謎すぎる。ショコラは本質ではなくて「呪い」が何なのかを調べないといけないっぽいのかな。たとえば別にショコラではなくてもクッキーとかに「呪い」をかければ女体化の薬になるならショコラの成分調べても意味ないし…。まぁその辺はロイドがいろいろ調べてるか。というかヴィゼル館長がやたらとアルトをそういう目で見てるっぽい描写なんなんだろ、あと生徒に当たりが強いのも怖いよ「授業で何度もやったのに聞いてくるやつらと話す価値はない」みたいなこと言ってたし。

 

終わり